NEWS

2021.09.16

第1次(6・7月)第2次(8・9月) コロナワクチン集団接種完了
昨年春から続く新型コロナウイルス感染症COVID-19は、未だに収束が見られません。
本校でも生徒・教職員の安全を最優先した授業形態を取り、慎重に学校運営を行っています。
社会的には新型コロナワクチン接種の普及が急がれていますが、ワクチン確保は困難な状況です。

愛国高等学校には【准看護師3年課程】衛生看護科・【看護師2年課程】衛生看護専攻科があります。
生徒は学校での座学の他、医療スタッフのご指導の下、臨地実習で患者さんを担当させていただきます。
全国の看護高等学校でも、少しずつ看護学生として新型コロナウイルスワクチン接種の動きがありました。
本校でも6月より患者さん・実習施設の皆様や生徒ご家族の安全安心のため、校内で集団接種を実施しました。
ワクチン接種は任意なので、成人年齢に達した学生生徒でも保護者(保証人)と本人の同意書をいただきました。

学校での集団接種は、江戸川区および江戸川区医師会の皆様の看護教育への深いご理解ご協力で実現しました。
学校医・産業医で専攻科講師の玉城医院院長・喜多晶子先生の多大なご尽力で、ワクチン確保が可能となりました。
接種実施にあたり、小岩駅前診療所院長・菅野公司先生はじめ玉城医院の看護師さん4名がお力添え下さいました。
菅野先生は専攻科と愛国学園短期大学講師で、区立中学校で栄養士実習を行う短大生の接種もお願いしています。
運営は看護科教職員が行い、機能的な会場設営をし、接種対象者の整然とした誘導と細やかな経過観察をしました。
接種はベッドやテーブル・パーテーション完備の第1看護実習室、経過観察は隣接する2教室等と専攻科ラウンジです。

【第1次】 1回目:6月24日 午後  2回目:7月15日 午後
       ワクチン:ファイザー社製
       対象者:衛生看護専攻科2年生 衛生看護科3年生 看護科教員 養護教諭等   
   *衛生看護専攻科2年生は大学病院・総合病院・訪問看護ステーション・健康サポートセンター・保育園等で実習
   *衛生看護科3年生は総合病院・保育園等で実習

【第2次】 1回目:8月26日 午後  2回目:9月16日(本日) 午後 
       ワクチン:ファイザー社製
       対象者:衛生看護専攻科1年生 衛生看護科2年生 保育専門学校幼児教育科2年生 学校法人教職員等     
   *衛生看護専攻科1年生は准看護師資格取得済 次年度臨地実習予定
   *衛生看護科2年生は11月に戴帽式挙行 直後に臨地基礎実習開始予定
   *保育専門学校2年生は保育園・幼稚園・介護施設・障害児施設等で臨地実習中

喜多先生・菅野先生による丁寧な問診や聴診、看護師さんの確実な接種、慎重な経過観察…。
おかげ様で体調が悪くなることも痛がることもなく無事に接種が終わり、みんな元気に下校しました。
改めて喜多先生・菅野先生・スタッフの皆様はじめ関係各位、安全に運営した看護科教職員に感謝いたします。

教職員はそれぞれ居住自治体や東京都の教育職者対象の集団接種会場などでも接種を行いました。
今回学校で行った集団接種により、希望する学校法人の教職員はすべて無事にワクチン接種が終了しました。

隣接するなでしこ保育園では、園医で看護科と看護専攻科講師の京谷医院院長・京谷淳先生に接種をお願いしました。
6月から始めた接種では、副反応が園の運営に影響しないよう一日の接種者数や職種のバランスを考え実施しました。
子供たちとの距離が近いお仕事、おかげ様で8月1日採用の保育士も含めて9月3日までに職員全員の接種が完了です。
pagetop pagetop