生徒銀行祭

12月1日(土)第70回生徒銀行祭が開催されました。愛国学園の生徒銀行は、昭和23(1948)年12月に帝国銀行(現 三井住友銀行)を親銀行として開設され、現在では歴史も貯蓄高も日本一を誇っております。入学時に学校から種貯金の入った通帳を頂き、3年間・6年間かけて貯蓄の芽を伸ばしていきます。なお、生徒銀行の業務は高校3年生の商業科の生徒が授業の一環として行っています。

1日の朝は、生徒達一人ひとりが銀行の窓口で預金をします。その後講堂に場を移した表彰式では、本営業年度に「週2回・1回100円以上」を100%実施した生徒と学級(今年度も全生徒・全学級)が表彰されました。続いて行われた講演会では金融機関から2名の先生をお招きし、お金にまつわる有意義なお話を伺いました。

午後は英語レシテーション大会決勝が行われ、各学年・学級から予選を勝ち上がってきた中学生3名高校生6名が、講堂の舞台上で暗記した英語を堂々と披露しました。

 

DSC_7622  DSC_7668

 

P1100152  P1100136

 

DSC_7658  DSC_7698

 

DSC_7706  P1100205

 

P1100231  P1100257